エイトのアイデアが生まれた瞬間・・・いくつか日々感じていたことに雷が落ちて一つに!

私自身、実はSNSは全く興味なく、フェイスブックやインスタグラムなど

一応アカウントは持っていますが、一度も投稿したこともなく、友人のをたま~に見る程度です。

今でもそうでして、エイト以外は何にも「今風なこと」はやっていないのです・・・。

むしろITは苦手・・・笑

だから、フェイスブックなど実名で投稿されている方を見るたびに

とても違和感と不安がありました。

「なんで実名で日常の出来事をアップするのだろう?」と今でも疑問に思います。

でも、誰かと何かを共有したいという気持ちは、とても分かります。

ユーチューブも全く無名だった人が有名になったり、テレビに出たり・・・。

今までのマスメディアの閉鎖的な部分を変えた感じがしてとてもすごいことだと思います。

しかし、ユーチューバーとして認知される人もひと握り・・・。大金持ちになったりして

夢が持てる反面、その数の少なさに疑問があります。

「もっとたくさんの人に、そんなに高額でなくてもいいから、日常を少し豊かにできないかな」

そう感じるようになりました。


次に疑問に感じたことは、レビューとか、アフィリエイトです。

「なんでお店や商品のおススメを、無料でするんだろう?」

「自分のサイトに掲載したくもない商品の広告をどうして許可するんだろう」

「広告が多すぎて、どれが情報なのかわからないよ」

などなど・・・。


そんなとき、いつも食事に行く京都の和食屋さんがありました。

仕事で京都に出張する際には必ずそこに寄り、

知り合いと食事をします。たくさんの知り合いにその店を紹介し、

新規のお客さんも増えました。そんなある日、ふっと思ったんです。

こんなにたくさん紹介しているのだから、何か起こっても面白いのではないか・・・と。笑

そういえば、昔の商いではお得意様が新規客を紹介するっていうのは当たり前で、今でも

それが普通であり、紹介してくれたら、ドリンクの一杯でも差し上げたりするものでしょう。

そんな何気ない御礼を、「今風のITにしてみたら・・・?」と感じたんです。


そんな日々、一消費者として感じていた違和感や疑問が、瞬間、雷が落ちたように

一つに繋がったのです!笑


さっそく走り書きでまとめ、会社の別の役員に話してみました。

いつも辛口の彼のことだから、「失敗しますよ」と言われておしまいだろうと

半信半疑話してみると、「これ、いいですよ!これから世の中に必要ですよ!」と

太鼓判を押してくれたのです!これにはびっくりしました!笑


「あれ?もしかして・・・?」と思ったので

「よし、では、次はビジネスモデル特許を申請してみよう。」

どんないいアイデアでも既に特許が取られてたりしたら、社運を賭けた事業としては成り立ちません。


さっそく会社の近くにある。みなとみらい特許事務所さんにアポイントを取り、訪問。

13回の閲覧

最新記事

すべて表示

Copyright © 2018 WIDES Co.,Ltd. All Rights Reserved.